不動産の仲介手数料とは

仲介手数料とは、マイホームなどの不動産を売却または購入する際に、不動産の仲介業者に支払うお金です。

この手数料は、一般的に売る側からと買う側の双方から物件価格の3% + 6万円 + 消費税をいただくのが、宅地建物取引業法上の仲介手数料となっております。

この仲介手数料は、不動産会社を通して物件の売買契約を締結した場合に、物件価格とは別に不動産事業者に手数料のことです。 売却や購入の依頼をしても、取引が成立しなければ支払う必要はありません。 仲介手数料はあくまでも成功報酬となっております。

 物件価格   手数料の計算式 当社の場合
2,500万円  x 3.24% + 6.48万円 0円
3,000万円  x 3.24% + 6.48万円 0円
3,500万円  x 3.24% + 6.48万円 0円
4,000万円  x 3.24% + 6.48万円 0円

不動産の仲介手数料が高額な理由

昔も今も、この不動産業界では広告費が以上に高額なのです。 また、不動産会社の設備の維持管理のコスト高および不動産業界の競争原理が働きにくかったこと等が考えられます。

インターネットがここまで成長した現在ですら広告費は安くならないのです。 逆に、昔よりも広告費は高くなっていると言ってもよいかもしれません。

当社は、それら広告費のかかる媒体への広告は極力利用しないしょうにし、自社のホームページのみでの営業活動を行っております。

ジレンマの中に居るのが不動産業なのです。 売却を依頼された不動産物件を一日も早く売却して上げるためにはでき得る多くの広告媒体に依頼された物件を掲載して販売努力を行わないといけないのです。 そうなると、高額な広告費が出て行きます。 その販売広告を見た他の不動産業者さんが購入者を連れてきてくれた場合には1.5%~3%の仲介手数料を支払らわなければならないのです。

当社は、購入者に対しては仲介手数料ゼロ円を謳っておきながら、売りの依頼者からは仲介手数料3%をもらっているのです。 売る人がいなければ買う人も居ないだろうし、買う人が居なければ売る人も出て来ないでしょうし。 私たちは矛盾の中に生きております。


Warning: Division by zero in /home/users/0/ciao.jp-0120-105-735/web/wp/wp-includes/comment-template.php on line 1338